ALASIP MIYASHITA 連載コラム 「愛すべき あまのじゃく」 Vol.10 更新!

昨日は、CAP!で子犬のトレーニング「パピトレ教室」が行われました。
講師は、当HPのコラムで大変お世話になっているアラシップの宮下先生です。

さすが、パピーの扱いはお手のものツボを心得ています。すばらしい~!!!の一言です。

パピーとの接し方、コマンドの出し方、なぜ?そうなるのか、なぜ、そうした方がいいのか、大変わかりやすく教えて頂きました。

その中でも「off」のコマンドがありました。
異物の誤飲防止やとっさのときに大変役に立つコマンドだと実感いたしました。

(パピトレ教室の様子は近日中にUPいたしますね)

そうそう、今回のコラムは「コマンド」です。

パピーに限らず、最低限のコマンドは出来るように心がけたいですね。

以下本文の一部をご紹介します。



 今回は「おすわり」や「まて」などのコマンドについてお話しましょう。 昔から犬に教えることで一般的なのが「おすわり」や「お手」などです。また「ちょうだいちょうだい」するのを「ちんちん」と言ったりしますが、家庭で一緒に暮らすのに最低限教えたいことといえば何でしょう?

a0074946_11424188.jpg 私は「 sit (座れ)」「 stay (待て)」「 come (来い)」は確実に教えたいと思います。この他に「 down (伏せ)」「 look (見て)」「 off (放せ)」も教えられたら良いでしょう。

 「お手」や「ちんちん」は芸のひとつです。それよりも先に教えたい大切なことはたくさんあります・・・




続きはこちらからご覧いただけます。
お読みいただきご参考になりましたら幸いです

CAP!ホームページ
http://www.cap.ne.jp/~cap_iida/index.html
[PR]
by nextcap | 2008-03-21 11:45 | 愛すべき あまのじゃく
<< パピートレーニング 春だね~ >>